2021.07.18
SDGs関連授業 「サケ、マスから学ぶ私達の水環境」

  SDGs関連授業として天谷校長が「サケ、マスから学ぶ私たちの水環境」と題して特別授業を行いました。「ヒト中心ではなく、ヒトも自然の一部であるという感覚を持とう」というのがサブタイトルです。

  食卓にのぼるサケの仲間。一口に鮭、サーモンと言っても種類は様々。「アトラティックサーモン」「トラウトサーモン(ニジマス)」「キングサーモン」「銀ザケ」「紅ザケ」これらの多くは輸入品です。それぞれの由来や特徴、用途の違いなどを学びました。サケの仲間は本来、北半球のみに生息していましたが、近年は南米チリやオーストラリアなどでも養殖が盛んに行われています。

「白ザケ」と「サクラマス」は日本の在来種で、「白ザケ」は秋の産卵期に海から遡上し、「サクラマス」は春に遡上し秋の産卵期まで河川で生息します。北海道や新潟県には鮭の食文化が、富山県には鱒寿司の文化が今も受け継がれています。福井県・九頭竜川は「サクラマス釣りの聖地」と呼ばれていますが、江戸時代には今の20倍ものサクラマスが遡上していたといいます。サクラマスの帰る九頭竜川を未来に残すためには、何よりも生息環境の保全が重要です。今回の授業では、サクラマスの生活史を例に上げ、河川環境のキーワードを学びました。

○流域を意識 

雨や雪が流れ込むその範囲を、その川(水系)の流域という。九頭竜川の流域面積2,930㎡。これは福井県の面積の70%。私たちはこの流域で生活。農業用水、生活用水なども含め、すべて集まり三国の海へ。

○水源涵養  

ブナやナラなど落葉広葉樹の森が山の保水力をつくり、川や海に栄養を送り込む。

○蛇行する川 

蛇行して流れることで瀬や淵ができ、川の形状が多様化し多くの生き物の命を育む。

○川の連続性 

人工構造物(ダム、堰など)は海と川、川の上流と下流を行き来する生き物に配慮。